祖母や旦那、兄弟など身内からお金を借りる場合

どうしてもお金が必要になった時には、お金の準備をしなくてはなりませんが、自分の貯金だけではどうにもできない場合には、身内から借りることを検討してもいいでしょう。

 

消費者金融などに借金をするのは、利子の問題なども出てきますので、出来るだけ避けるようにしなくてはなりません。
身内から借してもらう場合は、誰にお願いをするかを考える必要があります。
誰でもいいから頼み込むのではなく、どのくらいのお金が必要なのかによっても頼む相手を考えなくてはなりません。
一万円程度の少額であれば、旦那に言って貸してもらう事も出来るかもしれませんが、もっと大きな金額になってくると、家族の問題になってきますので、旦那に借りることは出来ません。

 

借りるのであれば、祖母や兄弟、子供など家計を別にしている所から借りる必要があるでしょう。
おばあちゃんに貸してもらう事にした場合は、早めに返せるあてがなければお願いをするべきではないと言えます。
年金生活で精いっぱいの暮らしをしている場合には、蓄えがなくってしまうと不安になります。
おばあちゃんが元気な間に返せるようにしなくてはなりませんので、返せるあてがある時にだけお願いをするようにしたほうがいいでしょう。

 

友達や同僚、先輩からお金を借りる場合

お金の借りる場合にはさまざまな方法がありますが、一つは身近な人からお金を借りる方法が考えられます。身近な人といっても様々ですが、知人や先輩そして友達さらには恋人など異性などから関係なくお金を借り入れる人もいるぐらいですので参考にしてみてもよいでしょう。

 

では、実際にお金を借り入れる場合にはどのようにしたらよいかが問題になりますが、同僚や友人などの場合にはしっかりわけを話せば貸してくれる可能性があります。ただしお金に対して非常に厳しい人は貸してくれませんので、どれだけお願いしたとしてもわずかしてくれることはないためあきらめるべきです。お金を借りる場合には、その人の不断の態度が重要になりますが、それだけでなく借用書などを渡すようにしましょう。しっかりとした印鑑を押して相手に渡すと信頼される可能性が高いです。

 

上司にお金を借りる場合には、それなりの理由が必要ですのでしっかりとした理由を考えておくことが必要になります。嘘をつくのはよくありませんが、ときには嘘をついってお金を借用する人がいるほどです。もちろん最終的にばれた時には信頼関係を失いますのでその点の覚悟を示す必要があるでしょう。このように、普段からの信頼を一番に考えておけば、お金を借用することは決して不可能ではありません。