カードローンの申込みの流れについて

カードローンの申し込みの大きな流れはどうなっているかと言うと、まず申し込む会社によって多少の違いはありますが大体は同じ手順になっています。
まずは申し込み方法はどの会社も複数あり、パソコンやスマートフォンを利用する方法や、直接コールセンターに電話する方法もあります。また自動契約機や店頭でも申し込む事は出来ますし、郵送でも可能です。

 

申し込みを行ったら、審査結果が出るのを待ちます。早ければ最短で30分から1時間ほどで出ます。審査で承認されれば後は本契約をするだけです。本契約を済ませば契約書類とローンカードを受け取る事が出来、これでキャッシング可能になります。

 

カードローンを申し込む時の注意点は何かと言うと、まず最高金利がどれ位かをチェックする事も大切です。カードローンの金利は利用限度額が上がれば上がるほど反比例して下がっていきます。しかし100万円以下の場合は最高金利が適用されるので、高額な融資を考えていない場合は最高金利がどれ位かをチェックしておく事が大切です。

 

またカードローンを取り扱う金融業者には銀行の他に消費者金融もあります。中には違法な闇金業者等もあり、非常に高金利で融資をしていたり、違法な取立てをしているようなところもあるので、気をつけなければいけません。

 

お金を借りる時に必要なもの

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる場合には、必ずと言っていいほど書類を必要としています。そのような書類を必要とするかは若干業者によって違うものの必要書類はおよそ似たようなものになります。例えばカードローンやキャッシングの前ならば印鑑証明や給料明細などが必要になるでしょう。また健康保険証の源泉徴収最近はマイナンバーがありますのでマイナンバーを提出するようにするのは間違いありません。

 

身分証明書に関しては免許証やパスポートなどが必要になるため、必ず持っていくと良いです。ただし、カードローンやキャッシングでお金を借りる場合は給料明細に関しては3カ月分程度あれば十分になります。また源泉徴収。必要としないことがほとんどになりますが、金額が大きくなれば必要とする可能性も出てきます。源泉徴収の場合どちらかといえば住宅を購入する時に住宅ローンを組みますがその時に必要になったりするでしょう。

 

住基カードが必要な時もありますが、キャッシングやカードローンではほぼ必要ありません。このように、本人の身分を証明するために様々な種類が必要になりますので、なくさないようにしておく必要があります。特に源泉徴収票や給料明細は捨ててしまう人がいますので要注意です。

 

キャッシングの審査について

急にお金が必要になった際に頼りになるのがキャッシングです。しかし、もしかしたら審査通らないかもしれないと心配する人も中にはいるはずです。キャッシングとは言え、お金を借りる 審査が発生するからです。ですから、確実に借入をするためには、なるべく審査が甘い業者を選ぶことがコツとなります。

 

ひと昔前とは異なり貸金業法が改正されて以来、消費者金融の審査の基準は以前より厳しくなりました。申し込めば誰でもお金を借りられる訳ではないので、キャッシングの審査がいかに甘い金融機関を選ぶかがポイントとなります。実は審査がゆるい業者は少なくはありません。申し込んだ当日に審査がおりるというのは当然で、激甘の金融機関ならばインターネットからの申し込みでも数時間で審査が下りるというところもあります。しかも、1週間以内に返済すれば無利子というのもあるので、短期間の間に確実に返す当てがあるのなら重宝出来るシステムと言えるでしょう。

 

キャッシングをする前には、どんなに急いでいても無駄な時間が発生しないためにもどこで借りるかという事前のチェックは必要です。そして審査が甘いからといって返済を先延ばしにすると、いつの間にか莫大な利子が付くということを忘れないでください。