専業主婦の方へ

専業主婦は原則として給料を得ていない主婦のことで、主婦業専門の女性を指しています。カードローンは無職では利用できないため、本来なら専業主婦は借りることができません。消費者金融のローンに申込しても断られますが、銀行カードローンなら借りられる可能性があります。銀行は総量規制の対象外のため、年収がゼロでも借りられることがあるのです。ただしこれには条件があって、配偶者が安定的に収入を得ていることが条件となります。自分も配偶者も無職の状態にあるなら、融資してくれる金融機関は存在しません。

 

銀行に対して銀行系カードローンは総量規制対象になるので注意してください。銀行系と記載されているので専業主婦も借りられると思うかもしれませんが、銀行と銀行系は随分と意味が異なってきます。後者は銀行傘下の消費者金融を意味しているので、実態はノンバンクだと考えていいでしょう。つまり通常の消費者金融から借りる場合と同様に総量規制対象になるので、借りられる金額は年収の3分の1以下に制限されます。総量規制が誕生してから年収がゼロだと必然的に借りることが不可能になったのです。銀行系カードローンの場合は配偶者に安定収入があっても、専業主婦は借入できないので注意してください。