年金受給者の方へ

年金受給者は残念ながらカードローンやキャッシングを利用することは難しいです。なぜなら多くの金融機関で年齢制限を設けているからです。しかし年金生活者でもお金を借りる方法はあります。それは年金担保融資です。

 

年金担保融資とは、現在もらっている年金証書を担保にしてお金を借りることを言います。金融機関に借りている間は年金証書を預けなければならないこと、返済が2か月に1回の貴重な年金から差し引かれること、借りられる金額は受け取っている年間の年金額の8割程度と決まりがありますが、年金を受け取っている方ならたとえ自己破産を始めとする債務整理経験者でも利用することが可能です。

 

年金担保の最大の利点は利率の低さです。どのような受給資格であるかによって違いがありますが、平成29年の利率は2%代です。カードローンやキャッシングが少額だと15%近い利率がかかってくることを考えると良心的な設定と言えるしょう。ただしデメリットもあります。それは、1度借り入れをすると返済が終了するまで新たな借り入れができないことです。もちろん年金証書が複数ある方はその枚数分借り入れができますが、本当に今借りるべきなのか、返済額が引かれた金額で生活できるのか考えてから申し込む必要があります。