公務員や会社員など安定した職業の方へ

公務員や会社員は、アルバイトや契約社員と比べると社会的な信用度が高いので、融資スピードが速く即日融資が可能であるというメリットがあるものの、金利が比較的高い消費者金融でキャッシングするよりも、銀行系カードローンを利用するのがおすすめです。

 

銀行系カードローンは審査が厳しく申し込んだ、その日の内に借り入れたお金を手に入れることが出来る可能性が低いというデメリットがありますが、その分金利が低いという圧倒的に大きなメリットがあります。一般的な消費者金融のカードローンの金利は5%から18%ぐらいですが、銀行系カードローンの一般的な金利は3%から15%ぐらいです。つまり上限金利で2%、下限金利で3%ぐらいの差が生じることになります。

 

初回の取引金額は少ないことが多いので下限金利が適用されることが、ほとんどです。そうすると年利3%もの差が出てくることになるので返済のしやすさに大きな差が生じることになります。なぜこのように金利に差が生じるかというと銀行系カードローンは審査が厳しい分貸し倒れのリスクに金利を上乗せする形で対応する必要が、あまりないからというのが理由です。厳しい審査にも通過できる社会的信用が高い公務員や会社員にとって銀行系カードローンは、正におすすめのキャッシングであると言えます。