契約社員や派遣社員の方へ

カードローンやキャッシングは審査が必要となりますが、業者を絞れば正社員に限らず契約社員や派遣社員でも借り入れが可能です。
お金を借り入れる際の審査は、一般的に年収や就業形態のほか勤続年数などの属性が重視されがちで、年収が高く安定が見込める正社員が有利となりますが、審査の基準は業者によって異なります。派遣や契約社員でも審査の緩い業者に申しこめば審査は通りますし、申し込みの段階で条件を下げる方法もあります。

 

基本的に毎月の安定した収入があり、過去に金融を事故を起こしたことがなく電話連絡が可能な人であれば、金額は少なくても融資を受けることは可能です。仮に金融事故を起こしたことがある人でも、5年から10年など一定期間を過ぎると事故情報は消えますから問題ありません。

 

実際に審査に通りやすい業者は存在しますし、契約初期の融資可能額が低い業者でも、信頼関係を築き上げることで融資額を増やすことができます。
例えば申し込みの段階で借り入れ希望額を10万円とすれば、金融事故情報の記録が残っていたり総量規制の上限を超えない限りは、審査に通りやすくなります。毎月滞り無く返済を続けていれば信用が増し、業者の方から融資額増額の打診が来ますから、借り入れ可能金額は徐々に増えていきます。