アルバイトやパートの方へ

アルバイトやパートだからと言ってお金が借りられない理由とはなりません。銀行や消費者金融の多くは雇用形態を審査に含めるものの、審査の決定的な根拠でないことがほとんどです。お金を貸す会社では安定的な返済が行われていれば、雇用形態がどんな形であってもそれほど問題になりません。月に一回以上の収入があれば、バイトであってもフリーターであっても、お金を借りることが出来ます。特にカードローンは商品購入に使用するという形でお金を借りることとなるので、基本的には審査が少し緩和されます。そのため、審査をクリア出来る自身が無い場合にはまずカードローンを検討してみることをお勧めします。

 

キャッシングの際にはこれまでに借りた額をしっかりと返済してきたかどうかが重要となります。それゆえにお金を借りる際には返済を滞納してしまわないようにすることが欠かせません。期限を過ぎても返済していないお金がある場合には、他の金融機関から新規で借り入れをすることが大幅に難しくなります。それは金融機関同士で情報が共有されているからです。それは雇用形態以上に大きな影響があります。金融機関からお金を借りるときにはそのことを覚えておきましょう。